2016-12-29

2016





駆け抜けた一年〜
子育てと仕事の両立を、と意気込みながら、バランスをとるのに大変で、
我ながら、頑張ったね!とご褒美をあげたい感じ。

この写真一年前のだけど、ほんと大きくなったなあ。。。。



前半は自分の時間はほぼなかったので、
後半は 、自分の内面にも深く向き合う時間をとったり、
外にもでて、 交流をもったり、
変化に富んだ楽しい時間も増えました。



じつは、最近畑を始めました。
自分のじゃなくて、
友人の紹介で有機農家のお手伝い。
これが、すっごくよくて!

見晴らしのいい畑で、土にふれ、
育ってきた野菜を収穫し、
畑の手入れをし、、、。
まだ始めたばかりで、ほんの少しの時間のお手伝いなのに、
 「地面にいる。自然のもの、生きているものとともに居る 」
これだけでかなりのセラピー効果を感じ、とても良い時間です。
おいしい野菜を頂けるのもとてもありがたいです。



あとはとても不思議なご縁で、自分の中でずっと抱えていた思いを解放するという
奇跡の出来事もありました☆
今後の人生が変わる。そんな気がします。




今こうして穏やかな気持ちで年末を迎えることができたのも、
関わってくれた全ての方達のおかげで、
うまく言葉にできませんが、
今年もどうもありがとうございました。m(-_-)m








2016-10-05

「CRAFT BEER LIFESTYLE BOOK」





「食楽」2016autumn No.101 徳間書店
BOOK IN BOOK 「CRAFT BEER LIFESTYLE BOOK」のカバーを描きました。

表紙のこちらはKIRINの「GRAND KIRIN」





裏表紙は限定発売のKIRINの「十六夜の月」



雑誌の中で、ここだけ手触り感のある紙に印刷されて、
更にクラフト感がでています。





どうぞよろしくお願いいたします。














2016-10-04

芸術新潮10月号



芸術新潮10月号
堀江敏幸さんエッセイ「定形外郵便」の挿し絵を描いています。


今月は、猫を描きました。
ぴょんぴょん。



よろしくお願いいたします!


小説新潮10月号


小説新潮10月号
「438289時間」扉絵を制作いたしました。
作者は中澤日菜子さんです。



以前読み切りの短編で扉絵を描かせて頂きましたが、
今回から連載になりました。
高齢者たちのママチャリレースチームを舞台に、
おもしろく、時にじんわりと。




こちらは隔月連載になります。
どうぞよろしくお願いいたします!

「Bar追分」ランティエ10月号


ランティエ10月号 角川春樹事務所

「Bar追分」扉絵を制作いたしました。
作者は伊吹有喜さんです。


毎回おいしいそうで、ほんわかです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2016-10-01

「日経おとなのOFF」10月号





「日経おとなのOFF」10月号 日経BP社
タイトルは「破綻夫婦VS安泰夫婦」

見開き4ページのイラストを制作いたしました。


誌面背景も全面で塗って、色のニュアンスをだしています。



どうぞよろしくお願いいたします。

2016-09-21

それぞれの時間






台風の影響の雨ですっかり寒くなってしまった。
長袖、長袖、と急いで衣替え

空気は、秋を漂わせてるけど、ほんのちょっとですぐに冬がきてしまいそう。

温かい食べ物が恋しくなる。





先日はぎっくり腰の夫と二人の子供達の世話で、わーっとなっていたけど
ここはやるしかない、と覚悟を決めると柔らかくもできるもので、
はい。
大変なときほど前向きにガンガンやってく
これが一番、自分も物事も活性化するようです。
とりあえず、今目の前の現実的な対処。

なんやかんや手配やらキャンセルやら、必要なもの買いにいって、保育園送り迎えやって、ご飯作って、腰に良いのは何かとか、メールも書いたり、子供の世話、必要なことしつつ労りもし。。。。



世の中のお母さん、すごい。
こういうの1人でやっている人もいるんだよな、と思うと本当にすごいと思う。
で、仕事もしちゃうわけでしょ。

素晴らしい。
自分の親もこういうことしてきたのだなと思うと、本当に感謝しかなくなってくる。
いつも分担して家のことや子供の面倒見てくれる夫も、ほんと、感謝。


いろいろ自分のことを見つめなおした時間だったかも。
それはそれで必要だから起ったのか。。。
それぞれにね。



2016-08-30

サンドウィッチ♡




お盆に実家に帰った時に、
家族でサンドウィッチを食べにいきました。



海のそばに新しくできたお店。

「松風SAND&BAR」








じつは私の妹家族のお店なのです!
たくさんの幸運が舞い降りてきてオープンしました!




ボリューム満点!
他にもいろんなサンドウィッチがあって、
どれもおいしかった!





















ばぶばぶ、またくるね〜♪




「松風SAND&BAR」
神奈川県平塚市松風町9−8
11:00~21:00
takeoutもあり

2016-08-24

いい眺め



今日は所用で東京まで。


終わってから、パレスホテルでクールダウン。

皇居の近くで、とても気持ちがいい。

6階からの眺めも 素晴らしいです。

こういう空間は東京ならではなので、来るとつい寄り道してしまいます。

最高!


で、ひとりお疲れさま会。
「セレブレーション」というのだそう。金箔入りでとってもきれい&おいしかった♡














2016-08-22

花火



 


どーん!

夏の松本はあちこちで花火がよくあがります。

一番大きな花火大会を、自宅アトリエから鑑賞しました。

とても良く見えます!

子供達は大喜び!


ちなみに夫が久々に写真を撮りました。

2016-08-19

残暑お見舞い申し上げます。




通常どおりに松本に戻りました!



いつもお盆すぎると松本は涼しくなるのですが、まだ暑いです。。。


いろいろ動いていると、つぎつぎと新しい仕事が舞い込んできて、
思いがけず8月は超多忙月間となりました。
のんびりしようかなあと思ってた矢先、、、
充実している証拠ですね!





秋からは、仕事じゃないのですが、私にとってまた新しい事が始まります。
ワクワク。


楽しんでいきたいと思います♪




2016-08-18

「なごみ」7月号





「なごみ」7月号 淡光社

特集「朝茶のすすめ」
井上荒野さん、町田康さん、中島京子さんのエッセイで、挿し絵を描きました。


チーズケーキに、葛まんじゅう、カステラ。



茶のあるくらし。グラフィック茶道。素敵〜
私もお茶やってみたい〜







2016-08-15

夏休み?


夏休みと思いきや、
仕事はやはり全然休みにはならなくて、
子供だけ夏休み。

すっかり抜けてた祭日、保育園まで送って行ってしまって、休みと気がついた。
慌てて帰って、荷造り。
ほんとは車で次の日行く予定だったけど、
予定変更!


特急あずさに飛び乗って、
チビ達ワーイワーイと大喜び。
二人の子連れあずさは初めて。
ふー、指定席とれて良かった。。


おばあちゃーん。おじいちゃーん。


この子達をよろしく。



そんなわけで、またもや実家で仕事中。










2016-07-26

Healthy Life



健康法はたくさんあるけど、
私がいつも気をつけているのが、睡眠。


女性は、男性的に夜も遅くまで仕事するというのが向いてないのでは?
とある時気がつき、
夜はしっかり寝て、早朝〜仕事の流れに変えた。


家で自由に仕事できる=時間配分は自由。
これってすごく上手く使えば最高なんだけど、
ずるずるだらだら自由だからといって仕事してしまうと、
全然よくない。
身体も休まらない(=集中できない)

制作時の真に集中する時間はだいたい2〜3時間。
そこで一気に仕上げる方向に持っていく。
これを何クールかに分ける時もある。
それでもダメなときは次の日やったり。

手書きはインスピレーションがかなり重要なので、
そこの部分は自分が一番フレッシュなエネルギーの時にやりたい、というのが私のスタンス。


なので、フレッシュなエネルギーを毎日朝に出せるように、どんな生活をするか、
というのが私の裏の仕事。


身体、精神、全てが繋がっていて、
宇宙とも繋がっていて、
制作はこの、繋がり〜解き放つ部分が
とてもスピリチュアルでもあるし、
でも経済活動でもある。
 (経済活動ってすごく現実的な言い方。。。)


でも現実なくして、今はないのだから。
夢は現実の積み重ね。


目の前のことをしっかりやっていくこと。
それが一番大事。













2016-07-21

まつもと大歌舞伎






まつもと大歌舞伎を見に行きました。

「今年は四谷怪談だから絶対おもしろいわよ 」と、
とって頂いたお席は迫力のど真ん中。
役者さんが近い!

中村屋〜!



久しぶりの観劇、満喫です。
ありがとうございます。

2016-05-16

「飛べかもめ」東京書籍・教科書



東京書籍の中学校の教科書「新しい国語 1」で、挿絵を描かせて頂きました。
この教科書は、今年の4月から使用されています。




窓からの風が気持ちよい季節になりました。
新入生はドキドキから少し慣れてきた頃でしょうか。





イラストレーションFILE2016


今年も玄光社のイラストレーションFILEに掲載して頂きました。
こちらはイラストレーターの一年間の仕事作品を掲載する年鑑です。
毎年新しい情報に更新されて、発売されています。



私は活動を始めてから毎年載せて頂いています。
最初の頃は、この年鑑に載せてもらいたくて、
とにかく良い仕事をしよう!と思っていました。
それは、今も変わらず同じ事です。


ぜひお手にとってご覧下さい。
私は下巻に掲載されています。


どうぞよろしくお願いいたします。

2016-05-12

「PROMOTIONAL ILLUSTRATION」





アルファブックス刊行の「PROMOTIONAL ILLUSTRATION・イラストでひきだすプロモーションデザイン」に、イラストレーションを制作したWACCA IKEBUKURO広告ポスターを掲載して頂きました。


広告の仕事がこのような本の形で残るという貴重な機会を頂きました。


どうぞよろしくお願いいたします。


2016-05-10

5月




GWといっても、連載はノンストップで続いていたし、
いろいろ他にもあったので、今年は通常仕事モード。
というわけで実家で仕事することにした。

午前中に仕事を終えて、
公園行ったり、
バーベキューしたり、
ちょっと海行ったり。
2歳でザリガニつかめた息子が楽しそうで嬉しい。

両親や兄弟、もちろん夫も、子供達と遊んでくれて、本当に助かっている。
ありがたいことです。

最近、人物をたくさん描いている。
少しずつおもしろくなっている。






2016-04-10

お花見



いつも通る道の桜が満開に。
お休みの日に子供達とお花見にいきました。

花よりだんごの子供達。
ゆっくり桜を楽しむという大人のお花見ではないけれど、
寒い冬があけて、太陽の下で過ごす季節の到来はやっぱり嬉しい!








2016-04-01

Happy Birthday♡ 1




3月末は下の子naruの一歳の誕生日。
早朝の光の中で「あれから一年たった」としみじみとしてしまった。


赤ちゃんが過ごす一年は、大人のそれとは全然違う。
ママや家族は振り回されながらも、
笑顔に癒され、お世話する。
二人目だからこそ、いい具合に肩の力がぬけていて、
子育ての不安はほとんど感じず。



そのかわり、
仕事に家事にと私のやることは多くなった。

結局、私は「やらないこと」や「大切にしたいこと」 を決めた。
 

するとゆっくりした時間が、仕事をしながらも毎日ちゃんと持てるようになって、
すごくいい具合に毎日がまわっている。
これはわたしにとって大きな変化だった。


4月、ここからまた始まる季節に、
子供達と一緒になって日々進化できる自分でいたい。


お誕生日おめでとう〜!









2016-03-28

「むーさんの背中」新潟日報4月スタート



 
「むーさんの背中」、
新潟日報では4月7日から連載がスタートいたします。

そして、なんと!
今回は特別にテレビでその予告CMも流れるようでして、、、
ワタクシ、ドキドキしております。


新潟の皆さま、目に留めて頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします!






2016-03-11

Waiting for Sakura.


暖かくなったと思っていたら、昨日からまた雪が降り、この景色。
一日で、変化するこの世界。
朝の光の中できらめく雪を見るのは美しい。
耳を傾けると溶けていく雪の水の音も。



今日で震災から5年がたった。
5年まえとは、全く違う今の自分の状況は、
有り難くも全て願った事である。
震災を機に私のまわりは変化した。
それは自分の望みが明らかになったから。
でも、その有り難くも願った事を現実にする為の、行動は、
自分にとってかなりの怖さを伴う物でもあった。


結婚をすること。
生まれ育った場所を離れること。
だれも知らない場所に移り住む事。
小さなことなら数えきれないくらいあるけれど、
たくさんのものを手放して、今ここにいるのだと思う。


5年前とは何か変わったか?
変わったかもしれないし、全然変わってないかもしれない。
基本はお気楽なのかもしれない。
でも、ひとつ、
現実を先延ばしにしない、
ことだけはできるようになった気がする。


いつかやりたいなら、今やろう。
今これが嫌ならやめよう。手放そう。
いつかの未来の話、、じゃなくて
今。今。今。




目の前の現実、目の前の人、
すべてにちゃんと向き合うと、
大変なこともあるけど、
どんどん楽しくなってきて、
それがどんなにささやかなことであっても、
これ楽しいね、
と実感することが強くなったようだ。


怖かったけど手放してみたり、行動したら、
いつのまにかちゃんと望んだようになっていて、
人生って、なんだか不思議でおもしろい。















2016-02-23

MORANDIの時間・2




神戸滞在2泊目。

モランディの美術展鑑賞がメインではあったけど、街も散策。
石造りの建物が素敵。



ホテルでの滞在もゆっくりできて、
おいしいものも食べられて、
非日常感も味わえて、、、
とても良かった。

もっと定期的にこういう時間をもちたいところ。


そして、実は神戸新聞でも「むーさんの背中」ただいま連載中。
こちらもホテルでチェック。
当地でタイムリーに見られるのはまた感慨深い。


充電したので、またお仕事頑張ります。



2016-02-22

MORANDIの時間



神戸へ行ってきた。


兵庫県立美術館でモランディの展示をやっていると知ったのが、
会期があと少しで終わるという頃。

見に行きたい!と思ってから、
すぐにホテルのチェック&予約のスピードは
我ながら早かった。
家族でわいわい車で行く事にした。



モランディ、名前を聞いたのはお恥ずかしながら随分遅く、
27くらいのころだったか。
安西水丸さんに「モランディみたいな絵だね」
自分の絵を見て頂いたときに、そう言ってもらったのが最初だった。
どんな絵だろうと興味をもったものの、実際に現物の絵を見る機会はなく、
いつか、どこかでといいながら、そのままになっていたが、
ついにそのときがきた。



実際に見るモランディの絵、
ほーっと、ため息をつきながら、
ずいぶんと長く絵を前にして、立ち尽くしていた。
この美しさ。。もうなんともいえない。


本当に来て良かったな。
忙しさやいろいろを言い訳にしないで良かった。
自分の直感もっと大事にしよう。
いい時間だった。